アクセス解析
別冊マーガレット1月号「君に届け」 episode 42 ネタバレ

別冊マーガレット1月号「君に届け」 episode 42 ネタバレ

ここでは、「別冊マーガレット1月号「君に届け」 episode 42 ネタバレ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみにとどけ1

4時に起きてランニングしてこようかと思ったけど、

雨降ってたから別冊マーガレット1月号買ってきたー


ということで今月も 君に届け episode42 ネタバレ します(*^-^)b



 ↓ こっからネタバレ


すずめの鳴く中で目を覚ました爽子。
椅子に貼られた紙の札には

『夢ではない』

机に置かれた紙の札には

『NOT 夢 日記を見よ』

そしてその日記の表紙にも

『見よ』

そして日記を手に取る爽子。

きみにとどけ2

付き合ってと風早に告白されたシーンを回想しながら、鏡に貼り付けた『現実』と書かれた紙の札を触りながら

爽子
〝 ・・・・・・うれしい・・・・・・うれしいな━━━━━・・・・・・・ほんとなんだ・・・・・・

                            ・・・夢みたいな 本当のこと━━━━━・・・ 〟


学校の校門前についた爽子を迎えたのは矢野と吉田。

爽子
「わーっ来たとたんに3人そろうなんてすごーーい!!」


矢野
「ばかねー待ってたのよ!」


爽子
「そ・・・そうなの・・・・・・!?」


矢野・吉田
「まーーーねーーー!」


爽子
「どうして━━━!?」


矢野・吉田
「・・・・・・」

「まぁ、いーじゃん、いーじゃん!」


爽子
「うん・・・・・・!で、でもうれしいな~~~~~~」


下駄箱から出された爽子の上履きを覗き込む2人、どうやら先に机のチェックもしてたようだった。
爽子が嫉妬からイヤガラセをされてないか心配してたみたい。

そして教室へ着いた3人を待ってたのは爽子への相談者の列。

吉田
「ちょっ、あんたら何順番待ちしてんの!!」


順番待ちの1人
「えっ?だって、貞子の黒魔術相談でアドバイス受けて告白した子みんな成功してんだよ!」

矢野
「ま・・・まじで?」

吉田
「おそれられ崇められ・・・・・・神!もう神だわ!!」

矢野
「もう金とっちゃえよ!」


爽子
〝さ、詐欺っぽい・・・・・・!!そんな特典ないのに・・・・!!〟


吉田
「それで嫌がらせもなかったのか━━━!」

矢野
「つーか、そんな特典あったらまっ先にあたしらにとびきりいい男できてるっての!」

吉田
「全くだよ、周りにいんのハゲとヘタレとアホばっかじゃん!!」


爽子
「まさか風早くん・・・・・・!


きみにとどけ3

そこへ爽子登場。頬を染めながら『おはよう』と挨拶をかわす2人。
ざわざわとざわめく教室のなかで・・・

矢野
「クラス男子女子、他クラス男子、元・同クラ、ギャラリー━━━━。

 そーね、せっかくこんだけ揃ってんだから、ぐうのねも出ないほどはっきりさせてやればいーじゃん!

 爽子があんたのなんなのかをさあ!!」



きみにとどけ4

更に騒ぎ出す周りに少しうつむき顔に手を当て

風早
「・・・・・・・・・・・・・まじで、ねんがんかなっていっぱいいっぱいなんだ。・・・・・・そっとしといてよ」


千草
「つまりまとめるとこういう事ですね!?」

黒板に書いた風早と爽子の相関図を指差し叫ぶ千草。

矢野
「イエス、そういう事です!!でもいつからいたの千草!!」


千草
「では皆さんぞんぶんに広めてきて下さい!!」

風早
「そっとしとけっつってんだろ!!」


周り
「えーなんだよ普通にラブラブじゃね?」
「打ちあげでもそーだったよ、特に風早が」
「そーいや風早しょっちゅう貞子に絡んでたの、アレすきだったの?」
「まじだったのか━━━」
「てかなんで貞子??」

ケント
「まーでも、今になってみればなんで最初に気付かなかったってくらい・・・お似合いだと思うよ」


周り
「そ、そうか?(汗」
「そんな風に見たことなかったけど(汗汗
「そーなの??」

風早と会話をしながら、笑顔になる爽子。それを見てケントが

ケント
〝 ・・・・・・ほんと、なんだよ━━━自然じゃん━━━ 〟


視線を横にずらしたケントの目に映ったのは爽子の笑顔を背に歩いていくくるみ。

ケント
〝 ・・・そうだよな━━━まさかくるみが失恋して、

勝ったのが貞子ちゃんだなんて・・・・・・みんな思わねーよなー・・・ 〟


場面は移り、あるトイレでモブキャラの会話。

モブ
「えっ・・・・・・彼女!?」
「学祭の・・・ホントだったの!?」
「あの告白・・・」
「ビックリしたよねー!!」
「ショック・・・本気だったなんて」
「大丈夫━━━?」
「ねえなんか誤解かもよ、だって貞子だよ!?」
「でも風早が言ってたって・・・」
「すきな子いたんだ・・・彼女できちゃったんだ・・・・・・」
「中学から見てたのに・・・・・・」
「きっとすぐ別れるって━━━」
「風早責任感強いもん・・・・・・」
「大丈夫だってー!」
「風早だって彼女欲しかっただけだよ━━」
「告白しちゃえばよかったのにー」
「まだわかんないよーがんばれー」

会話のコマの中に映る爽子と思われる上履きとスカート、爽子はこの会話を聞きます。

そしてまた場所が移り、掃除の時間。

風早
「・・・・・・大丈夫だった?」


爽子
「えっ・・・・・・えっ!?」


風早
「みんなに言った事━━━━」


喋り掛けながら、両手に持ったゴミ袋を代わりに持とうとする風早。


きみにとどけ5

風早
「黒沼の役に立つのは 俺の特権!


                    てなわけで、ハイ!もう一個!」


もう一つのゴミ袋も受け取ろうとする風早だけど、

爽子
「・・・・・・・・・・・・・や、やっぱりもう一個は・・・・・・私が持つよ。そしたら一緒に・・・捨てに行ってもらえるし・・・」


恥ずかしがりながらそう言う爽子を見て笑顔になる風早。

風早
「・・・なんかみんなの前でごめんな、隠したくなくて、

 もやもやした噂になる前にはっきりさせておかなきゃと思ったんだ

俺が黒沼をすきだってこと ・・・つきあうこと!

もう、変な誤解でごちゃごちゃしたくないんだ、だから・・・」


突然、何かを思い出し「あーーーーっ」と声を上げる風早。

「つーか、それ以前にみんなの前で告白しちゃってんだけどな!

 いや、それはやろうと思ってやったんじゃないけど!ごめん、はずかしいよな━━━!!」


爽子
「う・・・ううん!!ありがとう・・・うれしい」

〝 ・・・・・・伝えようと、してくれているんだな ちゃんと 私にも 周りにも━━━━ 〟


風早
「・・・・・・よかった」


とすごくいい雰囲気の2人だけど、ピン登場で風早が連れ去られます。
そしてそこまでの2人を見ていた他の女のコ達が爽子に聞こえる距離から

「ウソー今一緒にいたー?ほんとにほんとだったんだー」
「えー・・・」

爽子
〝 今の状況・・・自分の気持ち 〟


手を握りしめ、どこか遠くを見つめる爽子。


で場所は爽子の教室にいる矢野と吉田へ。

矢野
「はーこれで風早と爽子も公認かー」

吉田
「うっ(汗、なんかちょっとさみしいかも。風早め・・・!」

矢野
「風早まじで一応モテっからね、攻撃してくんのがいなかったのは良かったわ」

吉田
「あー意外だったね」

矢野
「てっきり噂事件の時のような過激派が爽子に絡んでくると思ったけど・・・」

吉田
「・・・ま、あたしらもいるしな!」

矢野
「そーね・・・・・・・・・・・・カゲで泣いている子はいてるかもだけど・・・・・・・・・・・・」


学園祭の時のくるみを思い浮かべてそう話す。

吉田
「あーあたしもそっちの気持ちはわかるかなー!」


カタッと吉田の背後から物音がして、2人が振り向くとそこには爽子がいた。

矢野・吉田
「あっ(汗、いやいやちがうのよ!(汗汗、別に爽子がどーっつー意味じゃないから!

 こればっかりはどーしょーもないっつーか・・・」


爽子
「・・・ううん、ちがわないよ」


2人を強い視線で見つめる爽子。

爽子
〝 夢みたいで 浮かれて 風早くんの顔ばかり思い浮かべて



きみにとどけ6 

 直接 何もなくったって ただショックな人もいて ・・・その気持ちは全部 

              ほんのちょっと前の私の気持ちで あの気持ちの上に 今 私 立ってる 〟



回想のくるみ
「わたしはちゃんと伝えたもの・・・ふられたけど!ちゃんと間違いなく伝えた!!」


爽子
〝 あの言葉がなかったら きっと 今も くるみちゃんがいなかったら━━━━ 〟


「・・・私、行ってくるね」


そういい教室の扉へ向かう爽子。

吉田
「え!?どっどこにー!?」

矢野
「・・・行かせてやんなよ、くるみんとこでしょ」

吉田
「・・・・・・・・・!・・・・・・爽子!

 あたし 気持ちわかるから言うけど、こればっかりはほんと どーしようもないの!!

 あんた悪くないの!それ忘れんじゃないよーー!」


吉田へ振り返りコクッとうなずくと、足早に歩き出す爽子。


場所は変わり、1階渡り廊下。

いじめグループの女
「彼女って、本当に!?」


きみにとどけ7


くるみ
「そんなんだから風早に好かれないのよ」


いじめグループの女
「は!?」

くるみ
「「だって貞子だよ」って・・・じゃああんたたちなんぼのもんなのよ」


いじめグループの女
「・・・・・・・・・!・・・何!?ケンカ売ってんの!?

 元はといえばくるみ、たしかあんたから聞いたよね貞子の噂・・・!

 ・・・あんたあたしたちを利用したんじゃないの!?」

くるみ
「そーよ、だってちょうどよかったの。わたしと同じくらい姑息そうだったから

 自分から風早に告白もできないのに、爽子ちゃんに嫌がらせはできちゃうんだもん」


いじめグループの女
「・・・なにさそんなの・・・!あんただって一緒でしょ!」

くるみ
一緒よ! 爽子ちゃん以外はみんな一緒よ」


蔑むような表情から一転、強い力でにらみつけながら声を出す。

そこへ爽子が・・・


きみにとどけ8

というところで今月号は終わりです!
やっぱね、個人的にくるみが大好きなわけですよwwwww
かわいいから?もちろんそれもありますけど、くるみって要所要所で大きな役割を与えられているんですよねぇ。
それの演出というか流れがすごく面白くて、すごく引き込まれます!
推測でものを言うのは外れた時に恥ずかしいのでアレなんですけど、今月のだって爽子の為にいじめグループに
かみついてるんでしょ?
いや、本人の表向きの気持ちにそういう露骨なものはないかも知れないけど、結果的にはそうなると思うんですよ。
まぁ勝手な僕の思い込みですけどヽ(´ー`)ノ
もうすでに来月号が楽しみで仕方が無い自分がいますwwwwwwww


きみにとどけ9

で、10巻の告知きてたー!今月号までということで、買ったらやっと雑誌を片付けられます!!
たまに読み返したくなるものだから、10月号からずっと部屋においてあるwww



⇒君に届け episode40 ネタバレ
前々回のネタバレ


⇒君に届け episode41 ネタバレ
前回のネタバレ


⇒『君に届け』第10話のキミトドコーナで原作ネタバレをされスレ住人発狂
アニメで原作ネタバレ
いや、これに関してはまじで編集長は謝罪会見があってもいいレベル。
僕が原作未読で頑張ってたとしたら怒るを通り越して泣くwwww


○アフィアフィ

君に届け Vol.1 [DVD]君に届け Vol.1 [DVD]
(2009/12/23)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る

君に届け VOL.2 [DVD]君に届け VOL.2 [DVD]
(2010/01/27)
沢城みゆき三瓶由布子

商品詳細を見る


きっとこれが売れれば『 BD発売 & 2期確定 』という素晴らしい展開が待ってるはずです!
店頭でもネットでもどこでもいいんで買いましょう!!

今のペースって3話で1巻分くらい?だとしたら24話で8巻分・・・すごく中途半端ですよ。
頑張っても9巻だし、みんなでDVD買って2期を目指しましょう!!1つたったの4000円!!アマゾンなら3000円!!

僕は気が向いたら2つずつ買おうと思います、いや、さすがにそれはないか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わぁー!
今回も詳しく書いていただいて・・・
ありがとうございます♪

今回もきゅんきゅんな展開ですね!
すごくわかりやすかったです☆
2009/12/12(土) 21:34 | URL | nikukyuu #Q.hNSDsA[ 編集]
>nikukyuuさん

>わぁー!
今回も詳しく書いていただいて・・・
ありがとうございます♪今回もきゅんきゅんな展開ですね!
すごくわかりやすかったです☆

僕の文で面白さが伝わったのでしたら幸いです!
でももうほんと最初から最後まで面白すぎますよねwwww
1ページだって楽しめないページはありませんよヽ(´ー`)ノ
2009/12/15(火) 17:37 | URL | みつー #-[ 編集]
面白かったです!
次回が楽しみです><w
2010/01/09(土) 12:52 | URL | 凛★ #-[ 編集]
こんにちは☆´∀`/

中1ですが続きが気になって
ど→しようもなかったときに
このサイトを見つけました!

詳しく書いていただいて
とっても嬉しかったです♪
次回も楽しみに
待ってまぁ→すq´ω`p
2010/01/16(土) 21:42 | URL | LISA #Czjt4mio[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/31(日) 23:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanohass.blog52.fc2.com/tb.php/297-8797ee3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。